「ライナス」

2003/7/27 道新ホール 劇団イナダ組第26回公演

父さんは、憎かった。母さんの事は、嫌いだった。
心のよりどころは、古ぼけた一枚のブランケットだった。


〜STORY〜
高校を中退した娘を持つ松永竜一は、娘の妊娠話と新聞のタイムカプセルの記事より30年前の自分の過去の記憶を、忘れてしまった大切な何かを、辿り始める・・・
離婚して母に引き取られたものの死別し、叔母に引き取られていたところ、別れて暮らしていた父・春夫から引き取りたいという申し出が。 10年ぶりに再会した父は“母”になっていた・・・

〜感想〜
NACS > 芝居 | comments (0) |

「月灯かりに隠せっ!」

2003/7/26  アトリエ・インディゴ upspeak 第8回公演

〜STORY〜
「死体の入った袋を隠してこい・・・」と恋人に命令され、実行するふたりの男。
彼らは彼女に二股をかけられていたにもかかわらず、彼女に言われるまま黙々と死体を隠す旅に出発する。
時には力を合わせ、時にはケンカをしながら旅は続く。
やがてふたりの間には友情らしきものが芽生え始めるが・・・。
(公演パンフレットより)

〜感想〜
NACS > 芝居 | comments (0) |

「ミハル」

2003/2/15 道新ホール TEAM-NACS 9th Stage

やっぱり一番オイシかったのはキノコ山本さんの安田大先生。
元殺し屋のAV男優なんてまさに水を得た魚のようだった。
クールなのと変態顕ちゃんの二面性キャラがインパクト大。

くの一とE.Tのかぶりもので登場した田中賞受賞の作家・長峰源五郎にはリーダー。
こちらもコスプレのインパクトも引き出しもかなり大きい。

終始ツッコミ役に徹していた岡田巡査部長の大泉さん。
真面目で先輩をすごく慕ってるいい青年。ただ痛みを感じると人の過去が読めてしまう超能力を持つちょっとかわいそうなヤツ。
よくよく考えたらいい人役って珍しいんだよね。
見てすぐはニュートラルなツッコミ役だったので、物足りなく感じていた。
もっと新鮮に感じればいいんだな。ドロップキックがきれいに決まってたのが見事。
スーツ姿もほっそりしててきれいだった。

強盗事件で突入の際に犯人を射殺して捜査を外されている安藤警部補の音尾くん。
一番年下のはずなのに中年役がはまっていた。 芝居の安定感はやはり一番かも。

そして、脚本演出も担当したシゲのベルボーイ・小宮正太。
登場した瞬間、一人でセリフまくし立てるとこは思わず落ち着けって思いながら見てた。

ストーリー的には、キノコさん、長峰、安藤(一応、小宮もだけど)の過去が証されたけど、出てこない岡田の過去がほんとは一番深そうで気になっていて物足りなく感じてしまったのはそこ。長峰の話よりここをもっと膨らまして欲しかった。
あとは、もう少し客に判断投げてもいいのに前半は説明し過ぎな部分が多かったし、逆に後半は肝心なところに限って説明が少なすぎてその辺のバランスがいいともっとよかったかな。
NACS > 芝居 | comments (0) |
selected entries
categories
archives
recent comments
profile
  • Count.
  • << July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>